鈴鹿の重傷ひき逃げ事件で、無免許運転の少年逮捕(CBCテレビ)

先月、三重県鈴鹿市で、原付バイクの男性が車にひき逃げされ、重傷を負った事件で、無免許の18歳の少年が逮捕されました。

 逮捕されたのは、鈴鹿市に住む18歳のとび職の少年です。

 警察によりますと、少年は先月2日、軽乗用車を無免許で運転し、市内の交差点で原付バイクに乗った69歳の男性をはねて足を骨折するなどの大けがをさせたうえ、そのまま逃げた疑いが持たれています。

 鈴鹿市内でフロント部分が壊れた車が放置されているのが見つかり、少年の関与が浮上しました。

 少年は「無免許が発覚するのが怖くなって逃げた」と容疑を認めているということです。