文科省講堂で参加者重傷=講演中、椅子から落下(時事通信)

東京都千代田区文部科学省が入る庁舎の講堂で12日に開催されていた会合の講演中、参加者が座っていた椅子から落下し、重傷を負う事故があった。

 命に別条はないという。

 同省や警視庁麹町署によると、12日午後2時ごろ、中央合同庁舎7号館東館3階の講堂で、寄付に関する会合の基調講演中に、参加者が階段状に並ぶ座席から2~3メートル下に落ちた。骨折する重傷を負った。