遺骨返還協議、北が出席せず…米を揺さぶりか(読売新聞)

【ソウル=豊浦潤一】朝鮮戦争(1950~53年)で捕虜・行方不明になった米兵の遺骨の返還を巡り、板門店(パンムンジョム)で12日に予定されていた米朝間の実務協議は、北朝鮮側が出席せず、実現しなかったことがわかった。韓国外交省関係者が明らかにした。

 韓国政府関係者によると、北朝鮮はその後、15日に将官級の協議を開くことを米側に提案したという。非核化に伴う段階的補償を米国から引き出すための北朝鮮による揺さぶりとみられる。

 トランプ米大統領北朝鮮金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が6月12日にシンガポールで署名した共同声明で、身元が確認済みの遺骨は即座に米国に返すと明記された。ポンペオ米国務長官が今月6~7日に平壌で金英哲(キムヨンチョル)党副委員長と行った会談で返還に向けた実務協議を12日頃に開催することで合意していた。