タリバン襲撃で兵士31人死亡=アフガニスタン(時事通信)

ニューデリー時事】アフガニスタン北部クンドゥズ州と隣接するタハル州で、武装集団が検問所を襲撃する事件が相次ぎ、地元当局者は12日、少なくとも守備兵の計31人が死亡、15人が負傷したと明らかにした。

 反政府勢力タリバンが犯行声明を出した。

 軍当局者は「検問所3カ所がタリバンの手に落ちた。一方でタリバン兵約50人を殺害した」と述べた。タリバンのスポークスマンはツイッターで「5カ所の検問所を制圧し、軍に打撃を与えた」と主張した。