【函館記念】田辺騎手が2年ぶり3度目の函館競馬参戦 サクラアンプルールは札幌記念との双方制覇なるか(サンケイスポーツ)

田辺裕信騎手が、2年ぶりに函館競馬に参戦する。福島県出身の同騎手は、例年、夏競馬では地元・福島で主に騎乗しており、函館での初騎乗はデビュー14年目の2015年だった。翌2016年にも1日だけ函館競馬に参戦しており、今回は通算3度目の函館競馬参戦となる。

 田辺騎手は、函館記念でサクラアンプルール(牡7歳、美浦・金成貴史厩舎)に騎乗するが、函館のファンの前でどんなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。なお、田辺騎手は、函館・小倉を除く8場で重賞勝利を挙げており、函館記念を勝てば、JRA全10場重賞制覇へ残すは小倉のみとなる。

 また、サクラアンプルールは、昨年の札幌記念を制しており、函館記念を勝てば、史上4頭目函館記念札幌記念双方制覇となる。サクラアンプルールは、トップハンデの57.5キロを背負うが、ハンデを克服して勝利を挙げることができるだろうか。